クレカ現金化の危険性について

クレカ現金化の危険性について

▼優良確実なクレカ現金化▼

ファミリークレジット
安全確実な現金化

クレカ現金化申込

クレカ現金化業界の中では老舗に当たる、安全で確実なクレカ現金化の優良店です。

 

危険なクレカ現金化

現金化の危険性

クレカ現金化は、非常に簡単な手続きで、その日の内にお金が振り込まれる便利な現金調達方法です。

 

しかし、手続きが簡単なので、ややこしい業者が参入しやすいのも事実です。

 

他の業界に比べても、悪質な業者は、圧倒的に高く、危険な業界でもあります。

 

しかし、何度もリピーターとして、同じクレカ現金化業者を利用している人も多いのです。

 

クレカ現金化は、危険性を理解した上で、注意して利用すれば、安全に簡単に利用できる現金調達方法でもあるのです。

 

それでは、クレカ現金化の危険性と利用の際の注意点を紹介します。

 

注意して利用すれば、クレカ現金化は、さほど危険性を感じることなく利用できる現金調達方法です。

 

換金率の危険性

クレカ現金化を利用する際に、最も気になるものといえば、換金率です。

 

換金率は、どれだけの商品を購入すれば、いくらの現金が手元に入るかという割合です。

 

例えば、100万円の商品をクレジットカードで購入して、95万円が振込されれば、単純に換金率は95%ということになります。

 

このクレジットカードで購入した商品代金に、換金率を乗じた金額がそのまま振込されれば、クレカ現金化はさほど怪しい業界だとは言われないのだと思います。

 

でも、換金率には、危険性があります。

 

例えば、100万円の商品を購入して、換金率が96%だったら96万円が振り込まれるはずなのですが、ココから加盟店手数料や振込手数料、郵送料や代引き手数料が差し引かれることがあるのです。

 

しかも、悪質なクレカ現金化業者だと、クレジットカード現金化の申込みした時点では、それらの手数料についての説明は一切されません。

 

しかし、ホームページや規約などには、小さく手数料のことなどが記載されていたりします。

 

それも、法外に高い手数料です。

 

手数料を引かれて、実際に振り込まれた金額を換金率に当てはめると、50%を割り込む換金率になることもあります。

 

悪質なクレカ現金化業者に言わせると、『換金率は96%で換金しているが、手数料を差し引くと規約に書いてあるでしょ。』と言われてしまいます。

 

換金率は、あくまでも現金化する際の、クレカ現金化業者の言い逃れの数字にしかならないこともあります。

 

また、実際にはホームページなどで記載されている換金率は、最大値なので、この通りの換金率を適用することは、まずないと言い張るクレカ現金化業者もいるほどです。

 

こうなると、換金率というのは、まさに絵に描いた餅です。

 

このような、換金率の危険性を知っていれば、クレカ現金化の申込みの際に、換金率だけでなく、実際の振込金額を確認する必要性があることを分かってもらえますよね。

 

そうすることで、悪質なクレカ現金化業者の危険な罠を避けることができます。

 

即日振込の危険性

クレカ現金化は、即日振込が大きなセールスポイントになっています。

 

特に、スマホやPCで申し込みから契約までできる、インターネット型のクレカ現金化業者は、即日振込というセールストークを大々的に使用しています。

 

即日振込というのは、その名前の通り、『申込んだその日に振込できる。』というものです。

 

でも、ココに一つの危険性があります。

 

その危険性というのは、即日と当日という言葉の違いなのです。

 

当日というと、申込んだその日のことになります。

 

でも、悪質なクレカ現金化業者に言わせると、即日というと、申し込みを受け付けた日になるというのです。

 

どう違うのかというと、即日振込という表現の場合、一定の時間を過ぎて受付をすると、締め後扱いで、翌日の取扱になるというのです。

 

翌日の取扱ということは、申込した翌日に振り込んでも、即日振込になるという、言い訳じみた解釈をしてきます。

 

即日振込なら、今日のデートや決済資金にも間に合うと思っていても、次の日に振り込まれるのであれば、何の役にも立ちません。

 

即日という言葉の危険性を知っていれば、申し込みの際に、今日振込めるのか明日になるのかを、シッカリと確認することができます。

 

悪質なクレカ現金化業者の危険性

クレカ現金化悪質業者

これまでも、悪質なクレカ現金化業者のことに触れてきました。

 

でも、本当に悪質なクレカ現金化業者は、もっとえげつない危険性をはらんでいます。

 

最近よく行なわれている詐欺的な行為としては、クレカ現金化で振り込まれた現金を再度振込ませるというものです。

 

例えば、クレカ現金化で、100万円の商品を購入して90万円振り込まれたとします。

 

現金を振り込んだ直後、クレカ現金化業者から電話がかかってきます。

 

クレジットカード会社が、あなたのカードのショッピング枠を増枠すると言っています。

 

もっと多額の現金化が可能なので、振込んだお金を、一旦全額返金してほしい

 

などと、利用者の足元を見て、あり得ないことを申し立てるのです。

 

甘い話の裏には、危険が隠れています。

 

まとまったお金が必要な利用者は、ついこのような悪質なクレカ現金化業者の言うことを信じてしまうのです。

 

クレカ現金化業者に返金したが最後、二度とお金が振り込まれることはありません。

 

電話しても、全く連絡がつかなくなります。

 

悪質なクレカ現金化の危険性が分かっていれば、『返金してほしい。』という、あり得ない言葉に騙されることはなくなります。

 

安全なクレカ現金化

当サイトおすすめの安全に利用できるクレカ現金化の優良店を紹介します。
ボタンをタップしてくださいね。

 

▼安全なクレカ現金化▼

安全優良クレカ現金化

 

関連ページ

安全で優良なクレカ現金化ベスト5
安全優良なクレカ現金化とは、その見分け方とは、真相を解説します。
クレカ現金化の換金率とは
クレカ現金化の換金率をそのまま信じてはいけない理由と、隠された秘密とは?
クレカ現金化は即日振込で便利
クレカ現金化は、本当に即日振込で便利に利用できるものなのでしょうか?
クレカ現金化の手数料とは
クレカ現金化で、よく話題になる手数料とはいったい何なのでしょうか?
クレカ現金化は違法ですか?
クレカ現金化は違法なのか合法なのか、果たしてその真実とは?
クレカ現金化は安全ですか?
クレカ現金化を、本当に安全に利用するための秘訣と失敗しない方法があった。
クレカ現金化の悪質業者とは?
クレカ現金化の悪質業者を、簡単に幹分ける方法があったのです。
クレカ現金化で他人名義のカードは使える?
クレカ現金化で他人名義のクレジットカードや家族名義のクレジットカードは使えるのでしょうか?
申込み手順
クレカ現金化の簡単すぎる申込み手順を、さらに簡単に解説します。
本人確認書類とは
クレカ現金化を利用する際に、本人確認書類が必要になるのはなぜ?